おすすめのまつエク本数
2017.05.24

きれいな瞳今人気のマツエクは、自分のまつ毛にエクステンションを乗せて目元の印象を変える、美容方の1つです。

初めてマツエクをする人は、一体何本くらいマツエクをつければいいのか、本数を決めるのに迷ってしまいますよね。
また、マツエクの太さが濃さになると思っている方がいますが、実際は本数で濃い目元かどうかが決まってくるので本数選びは慎重に決めたいです。

まずは自分の目の形や、目の横幅、大きさなどをチェックしてみてください。
マツエクは元々ある自まつ毛にしか着けられません。目の横幅が広い人はそれだけ自まつ毛も多く生えている傾向がありマツエクが少ない本数ですと仕上がりに物足りなさを感じる事があります。
目幅が小さい人はそれだけ自まつ毛の本数も少ないので着けられる本数も少なくなる傾向にあります。

また普段どんなメイクをしているか、なりたい目元はどんな目元なのか、仕上がりの印象をしっかりとイメージして決める事が大切です。

ナチュラルで自然な仕上がりが希望なら60本〜100本がおすすめです。
100本といっても両目での本数ですので、片目に50本づつという事になります。
日本人の平均まつ毛本数は、片目で約90本と言われているので50本のエクステを着けるくらいならそれほど多いとは感じないはずです。
80本はスッピンになった時でも違和感がなく、仕事先や周りにばれたくない方やとにかくナチュラルにしたいという方におすすめです。

100本はサロンでも大変人気があり、普段メイクにも合わせやすくどんな人にも着けやすい本数です。
100本つけると目が大きく見える効果があり、マツエクの太さも考慮する事で自然に見えて可愛さがアップする本数です。

100本ではちょっと物足りない、マツエクするからには変化を感じたいという方には120本以上をお勧めします。
120本つけるとボリューム感を感じられ、目元にアイラインを引いたような効果が出てくるので、アイメイクの必要がなくなり朝のメイクが楽なったという方が多いです。
また目が小さめの人や、一重瞼の人も120本つけると目元の存在感が増していつもより目が大きく見えてきます。

普段から濃いめのメイクや、顔立ちがはっきりしている人は130本を好む方が多いです。はっきり顔の方は元々目も大きいのでこれくらいの本数を付けても違和感がなく、目元が他の顔のパーツに負けてしまうこともなく着けられる本数です。しかし、太さやカールの違いでかなり印象が違ってくるので慎重に考えて決めたい本数でもあります。

140本〜160本になってくると、
かなり目の大きい方や外国人顏の人、
普段から派手めのメイクをしている方や、ショップ店員さんなど、服装も派手めの方でないと違和感がでてくる本数です。

またそれ以上の本数になると、結婚式や写真撮影など普段使いよりは特別な日の為に170本以上を着ける方がほとんどです。
そして本数が多くなればなるほど着けられる方も限られてきます。自まつ毛が多い方でないと170本、片目で85本を着けるのは難しいからです。
お手入れやケアにも注意が必要です、本数が多い分まつげにも負担がかかりますし、少しするとばらつきが目立つ場合もあります。

▲ ページトップへ